御衣黃(ぎょいこう)桜

HOME ≫ さくら日記 ≫ 御衣黃(ぎょいこう)桜

2018年04月

珍しい 淡い緑色の花が咲く桜『御衣黃(ぎょいこう)』が、伊豆市の修善寺虹の郷で見頃となっていました、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御衣黃桜の木の近くにはこの桜の説明の看板がありました

 

 

「昔、天皇や貴族しか着ることを許されなかった『御衣(ぎょい)』の高貴な萌黄色(もえぎいろ)に似ていることから名づけられたこの桜は、オオシマザクラの一種で直径3.5㎝ほどの八重咲きで、開花時は淡い緑色で、徐々にと黄緑色から黄色に変化し、やがて花の中央に紅色の十文字のスジが入り、赤く染まっていくのが特徴です。ソメイヨシノやヤマサクラに比べ開花期が遅く通常、4月中旬頃の開花となります。」(看板の説明文より)

 

 

 

近くには『八重桜(ボタン桜)』も満開でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 *写真をクリックすると拡大表示します*



極楽浄土に 思いを馳せる

今は亡き、大切なあの…

詳細はこちら

広渡寺の槇

さくら日記

お問い合わせ

サイト内検索

ページ上部へ